みのむし屋

漫画、イラストなどメインのおーたみのるの日記です。

カレンダー(月別件数付き)

プロフィール

おーたみのる

Author:おーたみのる
ふつーの少年ものから4コマ/小説イラスト/Hマンガ/アンソロジーと節操なく色んなものを描いています。
竹書房、スタジオDNA、朝日ソノラマ、青心社など、色んな所で仕事をしています。詳しくはHP
http://minomusi.com/
で。よろしく~

最近の記事+コメント

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■冬コミ新作ラインナップ

2014/12/28 01:12

冬コミで出すものが決まりました。
・まどかマギカ本『ちびまどかちゃん』500円
・レールガン本『素直になれない超電磁砲みこ☆みさ』500円
・SHIROBAKO本『これ食べなみゃーもり』500円
・オリジナル『ユウロ・ファンタジー4巻』300円
・まどか本総集編『まど☆マギ叛逆の総集①』800円

そして今年もまた、カレンダーを作りました。
今回は壁掛けカレンダーで600円です。
2015calendar.jpg
よろしくお願いします!

未分類TB:0CM:0

■shirobako前半最終回感想

2014/12/26 09:55

※ネタバレあります!!!

前半の最終回に当たるお話(と思う)。

全体的にとても良かった。
お約束の水戸黄門展開だけど、この話はこうでなくちゃ的な展開をしっかりやってくれて
僕的にとても好みのお話だったので良かった。

その上でここからは文句!
何で脚本がしっかり練りこまれてないのか!?
なんで杉江さんの動物が描けること庵野じゃなくて菅野さんが知ってて他の人が知らないの?
宮森が知らないのはいいとして、ナベPや本田さんやムサニの上の人は知ってるだろ?ゴスロリ様も!
例えばその辺はスタッフの事情で内々の者しか知らなかったとか理由付けてよ!
宮森もそんな事聞いたならなんで次の日朝から杉江さんにアタックかけないの?
その日の夜の会議のあとでのアタック(杉江さん家に帰ってからのアタック)なの?
まったく面識の無い庵野じゃなくて菅野さんには深夜アタックかける人が!!

…とゆー細かい部分が気になってしまう私なのですすみませんでもかなり好きな話です。だからこそこういうもうちょっと練りこめばいいだけの細かい所がもったいないんです!
細かい文句を言いました。すみません!
宮森、えくそだすっ!最終話完パケおめでとう!
内容に関しては本当に自分が制作にかかわっている気分になるくらい好きです!この話!
無事に終わって良かった!!


そんでもって矢野さんがリタイヤしなかったので最高だった!w
未分類TB:0CM:0

■SHIROBAKO本も

2014/12/25 08:41

入稿しました!

何とか予定通り出せそうです~
未分類TB:0CM:2

■ゆきー

2014/12/18 07:03

さむいー!
20141218雪
未分類TB:0CM:0

■ユウロ4巻サンプル~

2014/12/11 00:10

コミケ新刊ユウロ4巻の最初のページができたので貼っておきます~

yuuro404.jpg
よろしくッス~
未分類TB:0CM:0

■レールガン本表紙

2014/12/06 04:55

できたので貼っておきます~

冬コミのラインナップは
1.ユウロ4巻
2.まどか本
3.まど☆マギ叛逆の総集編
4.レールガン本
5.2015年カレンダー
そんでもって
6.SHIROBAKO本
の予定ですっ!

5までは確実にありますので!w
未分類TB:0CM:1

■まどか本サンプル

2014/12/02 23:37

最初の3ページを載せておきますー

tibi06.jpg
tibi07.jpg
未分類TB:0CM:0

メッセージボードβ

- Information -

いらっしゃいませ~
2頭身4コママンガの世界(笑)
みのむし屋へようこそ~
   _ _ __
   〈>´  ` くノ
 ∩ | i iノノ人)〉
  ))| トゝ゚ ヮ゚イl 
 ((ノ ⊂)卯lつ
  (( (く/」」〉ノ
   ` し'し'
次回イベント参加
4/30
東京ビックサイト
コミック1☆11
(申し込み中)
みのむし屋



-- E N D --
.
.

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

各ショップリンク

書店通販

ダウンロードサイト

オリジナル作品はAmazonでも販売しています

Copyright(C) 2006 みのむし屋 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.