FC2ブログ

みのむし屋

漫画、イラストなどメインのおーたみのるの日記です。

カレンダー(月別件数付き)

プロフィール

おーたみのる

Author:おーたみのる
ふつーの少年ものから4コマ/小説イラスト/Hマンガ/アンソロジーと節操なく色んなものを描いています。
竹書房、スタジオDNA、朝日ソノラマ、青心社など、色んな所で仕事をしています。詳しくはHP
http://minomusi.com/
で。よろしく~

最近の記事+コメント

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ザンボット3

2007/10/14 05:14

冬コミで友人の「ザンボット3本」に漫画描く事になっちゃいました・・・

え~と若い人は知らないと思いますが、昔「無敵超人ザンボット3」と言うアニメがありましてわたしはその作品がとてもとても好きだったのです。
ん~で私には、同じくそのザンボット好きな友人がいまして、なんか今年はその30周年かなんからしくて、こいつが「ザンボット3の30周年記念本を作る!」とかなんとか言い出しやがったわけでして・・・
こいつにはまあ日頃世話になってる事も(いちおうまあ気持ちほんの少しは)あるしザンボットだしこういう採算度外視の本を作る時は協力してやりたいのでこれを描く事をひきうけちゃいました~。

でも年末にそんなすけじうるの余裕ないので今月すでに冬コミ用のその原稿やってます。

・・・・・・・・・
未分類TB:0CM:7
コメント
むかし
やってたなあ。
ぜんぜんどんなストーリーだったか
覚えてないけどね・・・。
ある #-|2007/10/14(日) 09:38 [ 編集 ]
そういえば…
小学生ぐらいの頃は、描くロボットのほとんどに、頭に三日月が…
佐々木さん #-|2007/10/14(日) 12:02 [ 編集 ]

 見てたはずなのですが、記憶に残っていない部分が多すぎです。ザンボットムーンアタックや神ファミリーが敵に特攻をかけていって主人公の勝平以外、みんな戦死してしまったこととかしか覚えていないです。
堀江慎吾 #-|2007/10/14(日) 13:22 [ 編集 ]

結構、衝撃的なアニメでした。
勝平達が異星人だから追い出せ~とか、友達が人間爆弾だったとか…なまか(仲間)が戦死しちゃうとか…あぁ、すごかったぁ。

EDは…いい曲です。
ひかる #-|2007/10/15(月) 23:00 [ 編集 ]
れす~
おお~!
見てくれてる人や覚えてる人がいて嬉しいです~

★あるさん
「起動戦士ガンダム」の前身みたいな作品でメチャメチャ泣けます!
かなり昔ですしあるさんは相当小さいころだったんでしょうね~

★佐々木さん
子供の頃、あのメカ気に入っていたんですね~(^^)

★堀江慎吾さん
それだけ覚えていてくれれば十分です!
とにかく衝撃的な作品でした。
あのころは富○さんの作品はすごく良かったなぁ・・・

★ひかるさん
本当に・・・特にアキちゃんが死んじゃうところなんか・・・(泣)
絶対助かるだろうと思ってみてたら・・・子供だったのでものすごいショックでした・・・

EDは・・・最っ高の曲です!歌うと目頭熱くなります!
おーた #-|2007/10/16(火) 06:08 [ 編集 ]
若い人の反応
何このグレンラガンのパチモン
a-bee #-|2007/10/17(水) 14:15 [ 編集 ]
れす~
★a-beeさん
小1時間説教します!(^^)
おーた #-|2007/10/18(木) 07:04 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://minomusiya.blog94.fc2.com/tb.php/140-4fb2ec71

メッセージボードβ

- Information -

いらっしゃいませ~
2頭身4コママンガの世界(笑)
みのむし屋へようこそ~
   _ _ __
   〈>´  ` くノ
 ∩ | i iノノ人)〉
  ))| トゝ゚ ヮ゚イl 
 ((ノ ⊂)卯lつ
  (( (く/」」〉ノ
   ` し'し'
次回イベント参加
8月10日
東京ビックサイト
コミックマーケット
土曜日 南地区 "ア"-03b みのむし屋



-- E N D --
.
.

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

各ショップリンク

書店通販

ダウンロードサイト

オリジナル作品はAmazonでも販売しています

Copyright(C) 2006 みのむし屋 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.