FC2ブログ

みのむし屋

漫画、イラストなどメインのおーたみのるの日記です。

カレンダー(月別件数付き)

プロフィール

おーたみのる

Author:おーたみのる
ふつーの少年ものから4コマ/小説イラスト/Hマンガ/アンソロジーと節操なく色んなものを描いています。
竹書房、スタジオDNA、朝日ソノラマ、青心社など、色んな所で仕事をしています。詳しくはHP
http://minomusi.com/
で。よろしく~

最近の記事+コメント

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■うぬれパソコン2

2008/02/09 10:41

「うぬれパソコン」の方でも書いた、「アドバイスを下さる方もいらっしゃるので、もう少し詳しい状況を書きます」の、その後の質問の答えと追加状況です。

○落ちる時の条件
セーブ時だけです。(レイヤー増やしていって落ちるとかはありません)
それもセーブ時の「ファイル」から「別名で保存」に行った時にウィンドウが出てきた時点で(セーブをする時点ではなく)落ちること確定になります。そのあと「保存」にしても「キャンセル」しても落ちますので。

この状況からフォトショとの相性かバグの可能性も出てきました・・・
写真屋のバージョン変えたら全くでない可能性もあるなぁ・・・

○保存について
先に書いたように保存するフォルダ先で状況が変わる事も保存する形式によってでもなく、保存のウィンドウに行った時にもう落ちます。

○CPU・メモリ使用状況の確認
タスクマネージャから見て最高で50%くらいです。
未分類TB:0CM:4
コメント

うーーん。
メモリ関連なら(たまにショートしてたりってこともあるので)
レイヤーを異常な数おけば同様にエラーだと思ってました。

かなり限定された条件で落ちるようですね。
こういうトラブルだとCPU使用率が100%近く、なんてこともありそうですが。。。

うーーん。
これ↓参考になりませんかね?
http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?224984+002

適当言ってるようで申し訳ないですが、
”「別名で保存」に行った時にウィンドウが出てきた時点で”ってあたりが
フォントに関わるものの気がしなくもないのです。。。

まだちょっと調べてみますねー。
やっほお #-|2008/02/09(土) 14:11 [ 編集 ]

相性もあるかも知れませんね。
私が今使ってるデスクトップも、ペイントショップライトを使おうとしてファイル読み込まなかったのが、写真屋6入れたら何事もなくファイル読みやがりましたから。

因みにセレロン2.4G+メモリ512Mです。
REM #bNc.PH5s|2008/02/09(土) 18:42 [ 編集 ]
追加報告~
OS側のフォント関連、ファイルの関連付けやICC プロファイル
他にもネットワーク関係の設定云々
該当のエラーは多岐の可能性がありそうです。。。
(一個ずつつぶしてくしかないTT)

上記は写真屋のヴァージョンによっては出ないケースもよくあるらしいので、
別Verお持ちでしたら、それを入れて様子見るとか??

追記なのにあまり解ってなくてスミマセン。。。OTL
やっほお #-|2008/02/09(土) 21:48 [ 編集 ]
レスです
★やっほおさん
★REMさん
色々アドバイスどうもありがとうございます。
今ビデオボードのドライバーを変えて検証しておりますです。
おーた #-|2008/02/13(水) 00:32 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://minomusiya.blog94.fc2.com/tb.php/187-b641690f

メッセージボードβ

- Information -

いらっしゃいませ~
2頭身4コママンガの世界(笑)
みのむし屋へようこそ~
   _ _ __
   〈>´  ` くノ
 ∩ | i iノノ人)〉
  ))| トゝ゚ ヮ゚イl 
 ((ノ ⊂)卯lつ
  (( (く/」」〉ノ
   ` し'し'
次回イベント参加
8月10日
東京ビックサイト
コミックマーケット
土曜日 南地区 "ア"-03b みのむし屋



-- E N D --
.
.

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

各ショップリンク

書店通販

ダウンロードサイト

オリジナル作品はAmazonでも販売しています

Copyright(C) 2006 みのむし屋 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.