みのむし屋

漫画、イラストなどメインのおーたみのるの日記です。

カレンダー(月別件数付き)

プロフィール

おーたみのる

Author:おーたみのる
ふつーの少年ものから4コマ/小説イラスト/Hマンガ/アンソロジーと節操なく色んなものを描いています。
竹書房、スタジオDNA、朝日ソノラマ、青心社など、色んな所で仕事をしています。詳しくはHP
http://minomusi.com/
で。よろしく~

最近の記事+コメント

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■もぐある149話

2009/09/17 20:56

●野望
もぐもぐあるとりあ149

ここんトコレスが出来てなくてすみません~m(_ _)m
ちょっと新しいことをしようと手をつけている最中でメッチャ余裕がありません。
でも何とか時間を作ってカキコしますのでこれからもコメントよろしくお願いします!
未分類TB:0CM:7
コメント
いくらなんでも
セイバーさん、いくらなんでも金魚は食べるものではないですよ?(笑)
志賀内正雪 #-|2009/09/17(木) 21:35 [ 編集 ]
そういえば
気をつけて育てれば、金魚すくいの金魚も相当長生きするようですね。
しかしセイバーさん……そいつぁ、甘くないぜ……? 日本の子供が挑み、ほぼ例外なく味わう敗北感、さて、セイバーさんは感じることになるんでしょうか?w
二郎 #USnXgR2I|2009/09/17(木) 23:42 [ 編集 ]
金魚すくい・・・
そう簡単にすくえるものではないですよ・・・
私も挑戦して一匹も救えず大穴を明けてしまった経験が・・・
二郎さんは感じる事になるんでしょうかと言ってますが、私は取れない腹いせにオルタ化して店をぶっ壊すと思いますが・・・(^^;)

それにしてもセイバー最初の時と比べるとズッポリ出店にはまってますね。
あきです #keMeEs8M|2009/09/18(金) 08:47 [ 編集 ]
打ち止め
子供のころ大好きでした。おばあちゃんと一緒に縁日に行ってよくやりました。そんな下積み(?)をして、上手くなっていったなあ・・・。セイバーもシロウと一緒に楽しい思い出をいっぱい作ってね。
ねこエステ #-|2009/09/18(金) 13:08 [ 編集 ]
レスで~す
★志賀内正雪さん
お久しぶりのカキコありがとうございます。
いやいやさすがに食の方面で興味を持っているわけではない(と思う)ですよ(笑)

★二郎さん
次のお話で存分に味わっております~(^^)

★あきですさん
はまってますね~(笑)まだあと2店ほど行きますがさあなんでしょうか~?(^^)

★ねこエステさん
ありがとうございます。セイバーはうまくなるかは微妙ですが(笑)
みのむし(かんりにん) #-|2009/09/20(日) 00:41 [ 編集 ]

 金魚すくいはそんなに甘くは無いですぜ、セイバーさん。簡単にすくえないからこそ、商売として成り立っているのですから。


 お疲れ様です。お身体には気をつけてくださいね。
堀江慎吾 #-|2009/09/20(日) 03:35 [ 編集 ]
レスで~す
★堀江慎吾さん
いつもコメありがとうございます。無理せず頑張りますので~
みのむし(かんりにん) #-|2009/09/29(火) 22:17 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://minomusiya.blog94.fc2.com/tb.php/412-2c2632ce

メッセージボードβ

- Information -

いらっしゃいませ~
2頭身4コママンガの世界(笑)
みのむし屋へようこそ~
   _ _ __
   〈>´  ` くノ
 ∩ | i iノノ人)〉
  ))| トゝ゚ ヮ゚イl 
 ((ノ ⊂)卯lつ
  (( (く/」」〉ノ
   ` し'し'
次回イベント参加
8月12日
東京ビックサイト
コミックマーケット
12日 土曜日 東地区 "C"-30a みのむし屋



-- E N D --
.
.

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

各ショップリンク

書店通販

ダウンロードサイト

オリジナル作品はAmazonでも販売しています

Copyright(C) 2006 みのむし屋 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.