みのむし屋

漫画、イラストなどメインのおーたみのるの日記です。

カレンダー(月別件数付き)

プロフィール

おーたみのる

Author:おーたみのる
ふつーの少年ものから4コマ/小説イラスト/Hマンガ/アンソロジーと節操なく色んなものを描いています。
竹書房、スタジオDNA、朝日ソノラマ、青心社など、色んな所で仕事をしています。詳しくはHP
http://minomusi.com/
で。よろしく~

最近の記事+コメント

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■母の手紙

2017/11/04 13:40

東京で暮らしている時、よく母から荷物が届いた。
母は畑が趣味で、いっぱい野菜や果物を作っていたのでそれを送ってくれていた。
その時一緒に簡単な手紙が入っていたりした。
「野菜出来たから送るね。」「体に気を付けてね。」大体そんな他愛のないちょっとした手紙だったので自分は気にしていなかった。
それが彼女の遺品からいっぱい出てきた。
たぶん全部取ってあった。
オレの手紙はみんな取ってあるとは思っていたけど、母からの手紙もみんな大事に取ってあったんだね。
そういえばいつも母に感謝してるってことを言ってくれていたね。うちの母の事を大事に思ってくれてたんだね。

これを大事に取っておいてくれてありがとう。
未分類TB:0CM:0

■リハビリ11

2017/11/04 03:29

誕生日だったから柚子ちゃん

未分類TB:0CM:0

■夢

2017/11/02 06:06

彼女の出てくる夢をよく見る。本当によく見る。
あまりによく見るので最近はもう彼女が出てきたらこれは夢だ、と気づくようになってしまった。
そして夢だと気づくとそれからほどなく目が覚めてしまう。
今も、それで起きてしまった。

夢の中の彼女はこっちを見て微笑んでいる。夢だと気づいてからはほぼずっとそうしてるだけ。以前は結構しゃべってくれてたのになあ。
未分類TB:0CM:0

■ろーずひっぷと!3

2017/11/01 05:42

ハロウィン
ひさしぶりにマンガ描けた。
未分類TB:0CM:0

■リハビリ10

2017/10/31 03:10

ひさしぶりのまどか

未分類TB:0CM:0

■どてら

2017/10/30 21:34

寒くなってきたので愛用のどてらを着ています。
これが思い出の一品で、東京にいる時に母が送ってくれたものなのです。
当時はダサい(笑)とあまり着なかったのですが、母が亡くなってからは愛用の品となり着つぶすつもりでずっと使っています。
絵を描く時にもずっと使っていたので、それでひじの部分が擦れて破れてしまいましたが、そこに彼女がパッチを当てて直してくれたというもう自分的には究極のどてらなんです。
「お母さんの愛情の品だから大事にずっと使おうね」と直してくれてありがとうね。一生着続けるからね。
未分類TB:0CM:0

■『時代』という歌で

2017/10/29 12:52

大好きだった歌で、中島みゆきさんの歌で『時代』という歌がありまして。
その歌詞で「今はこんなに悲しくて涙も枯れ果てて」とあるのですが、この2ヶ月ものすごく泣いてるけど涙は枯れない。思い出すたびに大泣きする。

正直、もう一生幸せと感じる事はないんじゃないかとさえ思えてる。
どんなにいい事があっても、楽しいとか嬉しいとは感じられても、ここに彼女がいない。それを伝えられない。一緒に喜んでくれない。この時点で嬉しい事も反転して悲しい事柄になってしまう。
5年後10年後になったらこの考えも笑って話せるんだろうか。正直20年後になってもこの思いは変わらないと感じている自分がいる。

人の想いはどこまで深いのかな。
未分類TB:0CM:0

■ミニバラ

2017/10/28 02:29

彼女はバラが大好きでした。
東京でもピンクのミニバラを欲しがったので、記念日にプレゼントしました。それをすごく大切に育てていました。
好きな色はピンクで、グッズや小物ではたいていピンクのものを好みました。

お姉さん、お供えしてくれたお花、大正解です!ありがとうございます!


bara002.jpg
未分類TB:0CM:0

■もしアドバイスとかあったら

2017/10/27 17:01

変なブログになってしまっていて色々と申し訳ありません。少しずつですがだんだん元気になってきているんじゃないかと思います。
けれどまだまだどうしてもすぐに気持ちは沈みがちで、前向きになろうとする考えを維持できない状態ですね。

もし、こういう風に考えるようにするといいとかアドバイスがあったら教えてほしいです。
例えば心の持ちよう。
親の時は(もちろんすごく悲しかったけど)「自分が泣いていたら亡くなった親も悲しむだけ。自分の分も元気に笑って過ごしてくれと言う顔が浮かんでくる。だから笑おう」と思えたのです。
が、彼女の場合はそう思おうとしても、若くして亡くなった彼女がそう言っていると思うと不憫で余計に泣けてきてしまいます。

こういう時、どう考えたらいいのか。いい方法がありましたら、もし経験談などありましたら教えてもらえるとありがたいです。

幼みほカエル
未分類TB:0CM:0

■リハビリ9

2017/10/25 17:09

西さん
手癖で等身がちぢむ・・・

未分類TB:0CM:1

メッセージボードβ

- Information -

いらっしゃいませ~
2頭身4コママンガの世界(笑)
みのむし屋へようこそ~
   _ _ __
   〈>´  ` くノ
 ∩ | i iノノ人)〉
  ))| トゝ゚ ヮ゚イl 
 ((ノ ⊂)卯lつ
  (( (く/」」〉ノ
   ` し'し'
次回イベント参加
8月12日
東京ビックサイト
コミックマーケット
12日 土曜日 東地区 "C"-30a みのむし屋



-- E N D --
.
.

リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

各ショップリンク

書店通販

ダウンロードサイト

オリジナル作品はAmazonでも販売しています

Copyright(C) 2006 みのむし屋 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.